超簡単!僕が収入を70万円上げた方法とお金のために転職をオススメしない理由
スポンサーリンク
どうすれば、収入を上げられるんだろう?

年収を70万円上げるのに成功した僕が『収入をすぐに上げる方法』をご紹介します。

特別なスキルや知識がなかった僕でもできたので、すぐに実践して効果が出たので、誰でも簡単にできる方法です。

記事の後半では『収入を上げるために転職をオススメしない理由』も合わせてご紹介するので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんな方向け
  • 毎月の生活がギリギリ
  • 収入が一向に上がらない
  • 収入は上がっているのに生活が豊かにならない
スポンサーリンク

僕が収入を70万円上げた方法

お金が降ってくる

僕が収入を70万円上げた方法は『支出を下げた』です。

宮本
絶対に後悔しない方法だから、損しないためにも読んでみてね

なぜ支出を下げることが収入が上がることに繋がるのか

収入を上げたいと思った時に最優先でするべきなのが、支出を下げることです。

理由は

  • 税金がかからない
  • 即効性がある
  • 効果が高い

など。

一般的に収入を上げようと思った場合、副業や転職を考えますよね。

しかし、副業も転職も効果が出るまで、労力と時間がかかってしまうのに加えて、収入が上がるとその分、税金も上がります。

一方、支出を下げることは、すぐに実践できて、いくら下げても課税の対象にはなりません

なので、収入をあげようと思ったら、副業や転職をするよりも優先して支出を下げるべきなのです。

Twitterでもアンケートを取ったところ

多くの方が、支出を見直したことによって、年間10〜100万円ほど支出を下げることができています。

中には、家賃とスマホ代を浮かせて、年間60万円も下がったという方もいました。

60万円を手取りで増やそうと思うと、税金を考慮して75万円ぐらい稼がないといけないので、支出の見直しが、いかに重要で効果が高いのかが分かりますね。

支出の見直し方について

支出を見直すためには、まず自分が何にお金を使っているのかを把握しましょう。

まずは、家計を圧迫している固定費を洗い出します。

主な固定費の例
  • 家賃:7万円
  • 車の維持費:2万5000円(駐車代とガソリン代のみ)
  • 保険代:1万円
  • 携帯代:1万円
  • 合計=11万5000円
  • 年間=138万円

月収が20万円だとしたら生活費を考えると、自由に使える金額は4〜5万円となります。

宮本
めちゃくちゃしんどい・・・

固定費を見直すと次のようになります。

固定費を見直した後
  • 家賃 4万円
  • 車の維持費 0円
  • 保険代 0円
  • 携帯代 2000円
  • 合計=4万2000円(生活費別)
  • 年間=50万4000円

約1/3になりました。

決して大袈裟な数字ではなく、不要な支出を減らせばこれだけの出費で済みます。

次に固定費を個別に見ていきましょう。

固定費の種類①:家賃

固定費の中で最も変えにくいのが家賃となります。

住むところを変えるとなると、費用もそこそこ掛かってしまいますので、すぐ行動に移すことは難しいかもしれません。

しかし今、住んでいる家が本当にそこである必要があるのかどうかを一度、検討してみてください。

場合によっては実家に帰ることや、シェアハウスにするのも一つの手です。

実際にシェアハウスをしている人にインタビューした記事があるので、興味のある方は参考にしてみてください。

東京でシェアハウスしている人に実情をインタビューしてみた記事



固定費の種類②:車の維持費

車は所持しているだけでも多くのコストがかかります。

  • 駐車代
  • 保険代
  • 車検代
  • ガソリン代
  • 税金
  • ローン(金利含む)

車も家と同じで、本当に必要かどうかを一度考えてみてください。

車がないと生活できないという方は、新車の必要があるのかどうか検討してみましょう。

車のローンは住宅ローンと比べると金利が高いので、金利の分だけ余計にお金を支払わされるということになります。

宮本
ちなみに僕は車を手放して、年間60万円浮いたよ

僕の車は放置しすぎて、バッテリーが上がった状態で、廃車にするのも面倒でしたが、業者に連絡したらタダで引き取ってもらえたのに加えて、面倒な手続きも全部してもらうことができました。

本来、お金を払わないといけないので、頼んで本当に助かりました。

同じような境遇の方は、廃車本舗に相談してみてください。

固定費の種類③:保険代

医療保険と生命保険は日本人の80%以上が加入していますが、社会保険or国民保険に入っていれば、保険に入る必要は実はほとんどありません。

理由は次の通りです。

  • 保険に入っても病気は治らない
  • 保険代を貯金に回すほうが生活が安定する
  • 高い治療費も高額療養費制度があるので実は月々の治療費の最大値は決まってる(10万円)
  • 働けなくなっても傷病手当金・休業補償給付がある
  • 条件によっては保険代が払われない事もある

保険が不要な理由を詳しく知りたい方は以下の記事を参照してみてください。

保険についても詳しく書いた記事があるので、興味のある方は参照してみてください。

納得!ほとんどの保険が不要な3つの理由と不安を消す3つの方法

固定費の種類④:携帯代

携帯電話の固定費もバカにできない支出の一つです。

僕は楽天モバイルに替えたら安いの分かっているけど、変えるのが面倒だと、ずっとそのままにしていたので、本当に後悔してます。

3000円以下で使えるものに対して、長い間10000円近くも払っていたからです。

年間、約12万円・・・

僕はiPhoneの本体料金を24ヶ月分割で支払っていたので、一気に払わないといけないと思っていました。

しかし、楽天モバイルに替えても、残りの代金は今までと同じように分割で払えば良いみたいです。

宮本
僕は楽天ポイントで払っているから、毎月のスマホ代がほぼタダになったよ

楽天モバイルでスマホ代をタダ同然で使ってみる!

固定費の種類⑤:借金返済(ローン)

カードローンや金融機関でお金を借りている場合、金利がとても高いので、一刻も早く完済してしまいましょう。

年利が15%の場合、100万円を借りていたら、年間15万円を借金とは別で支払うことになります。

知らないと危険!クレジットカードに隠された3つの罠と正しい使い方

収入を上げるのに転職をオススメしない理由

崖を歩く人

収入を上げようと考えた際に、最も多くの方が思いつくのが転職ですが、僕は収入を上げる目的での転職をオススメしていません。

理由は次の通り。

<span class="has-inline-color has-black-color">転職の難易度が高い理由</span>
  • 収入が上がっても税金がかかる
  • 難易度が高いのに対して効果が薄い
  • 収入を上げるための転職は失敗する

など。

順番に解説します。

収入を上げる転職をオススメしない理由①:収入が上がっても税金がかかる

日本には『超過累進課税率』という制度があるので、収入が上がれば、上がった金額に応じて税金も高くなります。

そのため、収入が上がったと実感するためには、かなり収入を上げなければいけません。

例えば、元々の年収が300万円だった人が、400万円になった場合、手取りは5万円上がるイメージです。

年間、100万円の給料をあげたとしても、月々5万円しか増えないのなら、支出を見直した方がはるかに高い効果を得ることができます。

収入を上げる転職をオススメしない理由②:難易度が高いのに対して効果が薄い

収入を上げるための転職は難易度が高いです。

その理由は、給料は仕事ではなく、働く業界に左右されるからです。

例えば、今までサービス業をしていた人が収入アップのため、同じサービス業に転職したとしても、収入は大して変わりません。

もし、収入の高い他業種に転職しようと考えた場合、すでにその業界にいる人以上に知識やスキルを身につける必要があります。

なので、収入を上げるための転職は時間も労力も使うので難易度が高く、効果も薄くなってしまいます。

収入を上げる転職をオススメしない理由③:収入を上げるための転職は失敗する

収入を上げるためだけの転職は失敗する確率が高いです。

というのも、転職は本来キャリアアップするために行うものですが、収入を上げるためだけの転職はキャリアダウンを招いたり、次のキャリア形成がしにくくなってしまいます。

例えば、何かの営業職をしている人なら、営業職で培ったスキルや知識を活かして、他業界へと転職してさらに多くの知識やスキルを身につけた結果、自分の市場価値が上がって収入も上がるというのが本来の転職の形です。

しかし、収入だけを目的にして転職した場合、仮に収入が100万円上がったとしても、自分の市場価値は変わらないまま年齢を重ねてしまうことになるので、最終的に転職失敗ということになります。

仕事は人生を大きく左右する重要なものです。

その仕事をお金だけで選んでしまうと、後々苦労することになるので、収入だけを目的に転職するのは控えましょう。

アラサーが伝える!20代でするべき本当の自己投資とは

収入を上げるなら副業がオススメ

副業の種類

収入を上げるなら、支出を下げる以外に『副業』という手段があります。

  • クラウドソーシング
  • Uber eats
  • ブログ
  • せどり

など。

僕のオススメは、クラウドソーシングかブログです。

なぜなら、多くのメリットがあるからです。

例えば

副業で得られるメリット
  • スキルや知識が身につく
  • 転職や独立につながる
  • 仲間ができる

新しく始めた副業は結果が出るまで時間はかかってしまいますが、身につけたスキルや知識は一生の財産になります。

僕自身も副業を始めたことによって、フリーランスになることができました。

僕以外の方にもアンケートを取ったところ、副業を始めたことによって多くの方が人生に変化を感じています。

そんな、たくさんのメリットがある副業の種類や始め方に関して、詳しくまとめた記事があるので、興味のある方は下記の記事を参照してみてください。

在宅でオッケー!フリーランスが伝える副業の始め方と必要なもの

一時的に収入を上げる方法:セルフバック

セルフバックとは

オススメではありませんが、一時的に収入を上げる方法があります。

それはASPの『セルフバック』です。

セルフバックとは、自分で各サービスなどに申し込み報酬をもらうこと。

こんな感じ↓

セルフバック

クレジットカードなどを発行して収入をもらうなど。

一度きりしかできませんし、特にスキルも身につきませんが、収入を一時的に上げることができます。

クレジットカードなどの申し込みは単価が高いので、申し込むタイミングにもよりますが、大体5000〜10000円ほどは一回で稼ぐことができます。

僕は、この方法で3万ぐらい稼ぐことができました。

ただ、セルフバックをするためには、自分のブログサイトを作り、ASPサイトに登録(無料)する必要があります。

ブログサイトの作り方に関してまとめた記事があるので、興味のある方は参考にしてみてください。

⇨誰でもできる自分のブログサイトの作り方

何もしなければ収入は下がっていく

まとめ
  • 収入を上げるなら支出を最優先で見直す
  • お金だけを目的に転職してはいけない
  • 副業でスキルと知識を身につけキャリアアップを目指す

日本では、公務員以外の収入は年々下がり続けています。

理由として、国の政策が上手くいっていないというのもありますが、深く原因を突き詰めていくと、自分自身にも問題があることに気がつくことができました。

例えば、もっと早くにお金の勉強をしていれば、払わなくても良いお金もあったし、本業以外で収入を得ることもできたはずです。

そして、よくよく世間を見渡せば「勉強した方がいい」と声をあげている人たちがたくさんいました。

結局、気づいていながら目を背けていた自分が現状を作っているんだなと今なら思えます。

この記事を読んでくれたあなたの人生が、少しでも豊かになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事