ブログが読まれない原因
スポンサーリンク

「一生懸命ブログを書いても全く読まれない」「全然、Googleで検索しても表示されない」

僕もブログを始めて半年間、全く誰からも読まれないブログを毎日、毎日書いていました。

しかし、ブログが読まれない原因は意外とシンプルです。

今回の記事では『ブログが読まれない3つの原因と対策』をご紹介します。

月間PV数3万を超えるサイトを複数、運営している僕が実際に行っている方法です。

誰でも簡単に実践できるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

ブログが読まれない3つの原因

ブログが読まれない原因は次の3つです。

ブログが読まれない3つの原因
  • SNSをうまく運用していない
  • タイトルが分かりづらい
  • 画像を使っていない

原因自体はシンプルですが、ほとんどの人ができていません。

具体的に内容を見ていきましょう。

ブログが読まれない原因①:SNSをうまく運用していない

ブログが読まれない原因としてSNSをやっていない、もしくは運用方法が間違っている可能性が高いです。

SNSの運用が正しくないと

  • SNSからの流入が見込めない
  • SEOで評価されにくい
  • 記事が拡散されない

など、ブログ運営をしていくうえで、大きなデメリットとなります。

SNSもブログと同様、アカウントが育つまで時間がかかるため、ブログと並行してSNSを正しく運用していきましょう。

SNSの運用方法は、対策の部分で詳しく解説します。

ブログが読まれない原因②:タイトルが分かりづらい

ブログのタイトルは、読者が一番最初に見る文章となるため、パッと見ただけで内容が分からなければ、読まれる可能性が極端に下がってしまいます。

例えば、検索エンジンで【ブログ 読まれない】と検索したとします。

⇨ブログが読まれないのはなんで?僕が半年間悩んできた理由

仮に上位に表示されてたとしても、こんなタイトルだとクリックしようと思わないですよね。

クリックしてもらうためにも、分かりやすいタイトルをつけましょう。

読まれるタイトルをつける方法は、後半の対策部分で解説します。

ブログが読まれない原因③:画像を使っていない

画像がなかったり、少なかったりするとブログの離脱率が極端に上がります。

記事に文章しか載っていないと、人は無意識に拒絶反応を起こすからです。

文字だらけの難しい参考書は、読む人が少ないのと同じですね。

画像がメインのInstagramが流行っているのは、ビジュアル的に分かりやすいからであり、Twitterでも図解イラストは伸びやすい傾向にあります。

ブログ記事には、内容が伝わるような画像を使いましょう。

どんな画像を使えばいいのかは、対策の部分で詳しく解説します。

読まれるブログにする3つの対策

ログが読まれるようになるには、次の3つの対策を行いましょう。

<strong>読まれるブログにするために</strong>
  • SNSをフル活用する
  • 惹きつけるタイトルをつける
  • 図解イラストを載せる

原因を取り除けば、ブログは読まれるようになります。

具体的に内容を見ていきましょう。

読まれるブログにする対策①:SNSをフル活用する

読まれるブログにするためには、SNSをフル活用する必要があります。

フル活用とは

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • Pinterest

などを全て使うことであり、全てを正しく運用するという意味です。

全て実践するのは難しいと感じるかもしれませんが、投稿内容自体はブログを運営している人にとって、それほど難しいことではありません。

ブログで書いた内容をそのまま記載すればいいだけです。

しかし、ブログをやっていてSNSを正しく運用を行えている人は、ほとんどいない印象を受けます。

SNSの正しい運用方法については、詳しく書いた記事があるので参照してみてください。

⇨何をやってもうまくいく!SNSの正しい運用テクニック

読まれるブログにする対策②:惹きつけるタイトルをつける

ブログで最重要といっても過言ではないのが記事のタイトル。

読者が、一番最初に記事を読むか読まないかを判断する材料が、タイトルになるからです。

できるだけ、多くの方に読んでもらえるためにも、読者を惹きつけるようなタイトルをつけましょう。

惹きつけるタイトルのつけ方は

  • 具体的な数字を入れる
  • 潜在的なニーズを入れる
  • マジックワードを使用する
  • KWを意識しすぎて変な文章にしない
  • ひらがな7:漢字2:カタカナ1の割合にする

マジックワードとは、記事を読んだときに得られる感情のことです。

マジックワードを先頭に持ってくることで、読者は思わず「読みたい」とクリックしてくれる確率が上がるので、ぜひ使ってみてください。

⇨ブログは冒頭が全て!離脱率を下げる3つのテクニックとリード文の書き方

読まれるブログにする対策③:図解イラストを載せる

ブログは文字がメインだと思われがちですが、実は分かりやすい図解イラストを入れることで、離脱率を下げることができます。

読者は文章を読みたいわけではなく、悩みや願望を早く解消したいと思っているからです。

「図解を作るのは面倒」と大半の方が、フリー画像を使っているため、図解イラストを入れるだけで他の記事と差別化を図ることができます。

本当の意味で最後まで読まれるブログを書くなら、図解イラストは必須。

分かりやすい記事は、SEOでも評価に繋がるので、ぜひ実践してみてください。

図解イラストは、無料で簡単に作れるCanvaがオススメです。

安すぎる!Canvaを使って簡単に画像を作る方法

ブログの価値はどれだけ読者を満足させたか

笑う女性

ブログの価値は、どれだけ読者の悩みや願望を解消し、満足させたかです。

それが分かっていないと、どれだけ多くの記事を書いても読まれることはありません。

確かに、SNSもタイトルも図解イラストも大切です。

しかし、自分の書く記事が「誰かの役に立つものなのか」を考えることが何より重要だということを押さえておきましょう。

本質さえ分かっていれば、必ず読者は増えていきます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事